変わったかどうか、前と後

体験談
この記事は約4分で読めます。

望む現実にシフトしたのかどうかをすぐに知りたいと思ってしまいますよね。

変わる前と変わった後についてをお伝えします。

その変化を実感できなくて悩んでいるあなたへ向けて書いています。

前と後を確認したい

あなたの望み通りではない世界を前と定義した時、あなたの望み通りの世界を後とすることができます。

そこであなたは望み通りの世界にシフトすると決めました。変わった後の世界へ行ったと思いました。しかし、あなたは「目の前の現実は全く変わっていない!」と感じるでしょう。全然望み通りじゃない!と。

変わった後を確認できない理由

なぜ、今目の前の変化を一瞬にして感じ取れないかにはいくつか理由があります。

その一つに、突然の変化にあなたの脳や体の機能色々なものが即座に順応できないというのがあります。

現実はあなたの意識で出来上がっているとこのサイトではお伝えしています。そして、このあなたの意識が現実に沿っていない時、望み通りの世界ではない、苦しい現実を見てしまいます。

現実とあなたの意識が沿うということは、あなたが現実を受け入れる必要があるわけですが、突然変わった現実をあなたが瞬時に受け入れられないということは容易に想像できます。もしも、突然変わった現実をあなたが一瞬で受け入れる事ができるならば、あなたの目に見える現実は一瞬で変化します。そのことをあなたが心の底から肯定でき、また信じ、見る事ができればあなたの現実は本当の意味で瞬きする間もない変化を遂げるでしょう。

変わった後を体感する鍵

とは言え、一瞬で変化した現実を意識するのは少し難しいかも知れません。(不可能ではないですよ!)

望む現実へのプロセス

あなたは、今あなたが使っているそのデバイス(パソコンやスマホ等)がどのように創られたか詳細を知りません。それと同じであなたの望む現実(結果)がどのようにしてあなたの元に届くのか(過程)を知らない事は多いです。

あなたが〇〇が欲しいと思った瞬間からその○○を創る為の現実があなたの知らないところで動き始めます。

その動き始めているということを実感または意識する、プロセスは始まっていると納得することは体感へのとなります。

体験談

私の体験談を少しお話します。私は会社員時代に会社で毎年アイデアコンテストのようなものが実施されていました。自分が考えた商品とコンセプトをまとめて提出します。私も何度か応募したことはありますが採用されたことはありませんでした。

私は消費財メーカーに勤務していましたが、自分が使うものでこういうのあったらいいなと思うものがありました。でも、それを会社に提案するには若干方向性がズレているのと、単価が安すぎてダメだろうと思っていました。会社の他の部署の人にも少しだけそのアイデアを話したこともありましたが、話はそこから発展せず私自身もそのことをすっかり忘れていました。

それは、あると便利だけど、万人には需要がないものでした。

少しして、たまたま立ち寄ったお店で私は鳥肌が立ちました。私が欲していたその商品がひっそりと棚に並んでいたのです。その商品は少し前までは確実にこの世に存在していませんでした。アイデアをまとめるのにいくつものお店を確認したし、ネットで検索もしたので間違いないです。

その頃は現実のしくみについて考えたこともなかったのでびっくりしましたが、今考えると当然だと思えます。

私が持った願望は、私の元を離れふわふわと飛んでいき、その商品を企画デザインする人を創り材料を調達しラインを確保し、商品が作られ物流を通して店頭に並びました。

これはほんの一例ですが、願望が叶う過程を気にしなくても叶いますというお話しです。

シフトを意識する

あなたの目の前がちっとも変わったように見えなくても、あなたの知らないところでは着々とあなたの夢を叶えるための出来事が進行しています。

あなたの欲しいと思ったそれを今まさに製造しはじめたところをあなたは見る事ができません。ですが、確実にそれは製造されています。あなたの手元へ向かう為にです。(物ではなく、あなたの欲しい状況であったとしても同じことです。)

そこであなたがすることはそれを受け取る準備です。

望む世界へシフトできたかどうか、新しい自分になれたかどうかを簡単に意識するアイデアを提案します。

スイッチ

変化を実感したいけど実感できないあなたは、自分で何かスイッチとなるものを設定してみてください。なにか合図となるようなものです。それを合図に世界が変わるとあなたが決定するのです。それは目に見えようが、見えまいが、そのスイッチを境に世界は切り替わっていると決めます。

例えば、瞬き。瞬きをする前と後で世界が変わると設定します。あなたが何かを望んでそうである世界へとシフトする時、心を落ち着けて瞬きをします。あなたはそれを意識し瞬きしたので世界はもうシフトしました。今はまだ目には見えないかも知れませんが、あなたはそのスイッチをONにしたので信号は伝わっています。

想像してみてください。

実感できる時

今変化を実感できなくても、確実に変化していると確信することが願望達成のカギとなります。そして、今は実感できなくとも、ある地点に到達したとき、振り返ってやっと今の地点での変化を実感できるのです。

「あぁ、あの時だったのだな」と。

コメント

タイトルとURLをコピーしました